陸マイラーのせかいのたび

ANA中心のマイラー、ゆる~く11年生。2016年に情勢の変化を知り、びっくり!2017年、世界一周航空券を使った修行しました。

台湾女子旅① 準備編

f:id:kulipa:20180121093952j:plain

30年前のVISAなし入国体験

初めて台北に行ってきました!

正確にいうと、30年位前に一度上陸したことはあるのです。

アムステルダム→台北、台北→成田空港 と帰る予定でしたが、飛行機が遅延し、乗り換えられなかったのです。

この時、日本人乗客は、私一人でした。 拙い英語で、「他の便に振り替えられないか、明日仕事なので、どうしても今日帰りたい」と主張してみましたが、ダメでした。 乗客の中には、「明日結婚式だから、どうにか他社便に振り替えてもらえないか」と交渉している人もいました。今思えば、ご自分の結婚式だったのかどうか不明ですが、彼もホテルに向かう同じバスに乗っていました。

当時、台湾に入国するには、VISAが必要でした。しかし、このような事態だったため、空港でパスポートを預け(?)、航空会社の手配でホテルへ向かうバスに乗りました。ホテルからは一歩も出ないでくださいと言われました。

ホテルに到着し、レストランで夕食を食べるように指示されました。一人旅の人が、ドイツ人女性と、アメリカ人男性と私の3人で、なんとなく3人で同じテーブルに座り、夕食を食べました。

翌日仕事を休む連絡と、家にも帰国日が遅くなるという連絡をしなければと思い、ホテルの部屋から電話をしました。

日曜日まで休んで、月曜日から仕事だったと思うので、誰になんて話したのか記憶がないのですが、親に連絡をしたんだっけなぁ。

翌日、無事に帰国できましたが、この時、「中華航空」と「台北」の印象が悪くなってしまったのは事実。

しかし、その後結婚して、子連れでハワイに行くようになり、中華航空には、何度も何度もお世話になりました。そして、中華航空への印象はどんどんよくなっていきました。

渡航先としては、ヨーロッパが大好き!で、子連れ時代は、ハワイ(グアム、サイパン)が定番だったので、台北を訪れることなく約30年が過ぎていきました。

台湾に行くことになったよ

www.kulipa3.com

ある日、台湾に行く機会が訪れました。

しかし、この3世代で行く台湾は、実行にいたらず、結局、私の父と上の子が行くことになりました。

「じーじと孫の台湾旅」どうなるか、とっても楽しみでした。

上の子は、台湾旅行をしたことがあるし、30年以上国際線に乗っていない父にとっての案内係であります。

父の知人が台北に住んでいて、その方に会うのが目的でしたが、やはり現地に到着するまで、英語を勉強している大学生の孫がいたほうが何かと安心。

ところが、、、

旅行前日から上の子が熱を出し、病院で検査したところ、インフルエンザでした。

父は、頑張って成田空港へ行き、Wi-Fiを借り(当日まで、「Wi-Fiって何?」レベル)、キャセイパシフィック航空機内では多少の英語に苦労し、無事、台北桃園空港で知人に会えたのです。

「なるようになれ」って気持ちで、一人で台湾に向かったとのことでした。

www.kulipa3.com

そして、私にも台湾へ行く機会がやってきました!!

高校時代の部活仲間との旅行です。

www.kulipa3.com

www.kulipa3.com

これまでに、シンガポールと、伊勢志摩名古屋を旅しています。

どちらも、現地に住む友人を訪ねることが目的でありましたので、純粋な旅は今回が初めてだったのかもしれません。

現地でエスコートしてくれる人もいません。

3人共英語を話しません。

まあ、なんとかなるでしょう。

たまたま、子どもと行く上海旅行と同じような冬の時期になりました。

www.kulipa3.com

上海から帰ってきて18日後に台北へ向かうというスケジュールでした。

仕事で飛行機に乗ることのない私にとっては、これは過密スケジュールの部類です(笑)!

1か月の間に、2回も国際線に乗るなんて人生初めてのことです!

なんだかワクワクするな~。

タイトルには準備編となっていますが、今回は、1回会って、打ち合わせをしたのみでした。

あとはLINEで、行きたい所とかそれぞれの知人に聞いた情報などを交換しました。

・千と千尋の神隠しの舞台「九份」には行ってみたい

・動物園でパンダに会いたい

・猫空のロープウエイがよさそう

・半日観光ツアーにのっかってみる?

・占いが当たるらしい

・夜市に行ってみよう

・台湾シャンプー面白そう

・鼎泰豊で小籠包食べる(このメンバーでシンガポールの鼎泰豊に行っている)

・故宮博物館はどうすっか

・足つぼマッサージもやりたいなぁ

それぞれ意見などを出しました。

出発前に決まったことは、2日目に九份へ行くこと、そのために「貸し切りチャーターを予約しておく」ってことだけでした。

当日3人でどこへ行くか決めるのも楽しいでしょう。天気で決めようってことになりました。

わたしは、出発前に「るるぶ」を買ってみました。

また、上の子から借りた本がとっても面白くて役に立ちました。

f:id:kulipa:20180121103527j:plain

朝日新聞出版の「ハレ旅」。

今後シリーズが増えることを期待しています。