陸マイラーのせかいのたび

ANA中心のマイラー、ゆる~く12年生。2016年に情勢の変化を知り、びっくり!世界一周航空券を使って、2017年SFC修行、2018年JGC修行しました。

ファーストクラス世界一周航空券JGC修行11 サンフランシスコ空港 アメリカン航空 Admirals Clubラウンジ&サンフランシスコ→ニューヨーク ファーストクラス搭乗記

f:id:kulipa:20180917205447j:plain

世界一周航空券を使ったJGC修行もいよいよ最終旅程です。

あとは、日本へ帰るだけとなってしまいました。

www.kulipa3.com

アメリカン航空で、サンフランシスコ→ニューヨークと大陸横断します。

本当は、サンフランシスコから直接日本に帰ればよいのですが、修行ゆえ、FOPを稼ぐ必要がありました。

そこで、サンフランシスコ→ニューヨーク→羽田

と帰ります。

ラウンジはどんな感じでしょうか。

f:id:kulipa:20180917203044j:plain

f:id:kulipa:20180917204136j:plain

これは発券してから気がついたのですが、サンフランシスコのラウンジはあまり充実していなかったです。

アメリカン航空には、Admirals ClubラウンジとFlagshipラウンジの2種類のラウンジがあり、充実度に差がありすぎっ

https://www.americanairlines.jp/i18n/travel-info/clubs/flagship-lounge.jsp

Flagshipラウンジがある空港だとよかったのにな~とあとから思いました。

現在、シカゴ、ロサンゼルス、マイアミ、ニューヨークにあるようです。

また、今後はダラス、ロンドン・ヒースロー、フィラデルフィアにもできる予定だそうです。

Admirals Clubラウンジには、有料のメニューが置いてありました。

f:id:kulipa:20180917204642j:plainf:id:kulipa:20180917204655j:plain

無料のメニューもちょこっとあります。 f:id:kulipa:20180917204815j:plain f:id:kulipa:20180917204824j:plain

f:id:kulipa:20180917204836j:plain

修行をする前は、カードラウンジしか知らなかったから、あの頃ここに来ていたら、「食べるものがある!」って喜んだだろうに。

修行をして、航空会社のラウンジのよさを知ってしまった今、「食べ物これだけ??」と、贅沢になってしまったのでありまする。

アメリカの航空会社だから、期待しちゃいけないと思いつつ、ファーストクラスだもん、少しは期待してよいんじゃあ、など複雑な思いを抱えながら

機内へと入ってみます。

f:id:kulipa:20180917205915j:plain

機内の写真が⤴これしかなかったんです。

もう夜だったから、何も食べなかったのかな。朝ごはんはどうしたんだろう(記憶がない・・・)

私が覚えていることといったら、

自分の席の物入を探したところ、どうも頭上の物入しかないようだったのでした(ファーストクラスの場合、頭上ではなく専用の物入があることが多かった)。

実は、私は見た目と違って、力が全然ないんです。なので、自分のキャリーを上に上げることができなくて、CAさん(男性)にお願いしようとしたところ

「アメリカの航空会社では、そういうことはやらないんだ」←多分、そんなようなこと。口調きつめ。

見かねて、席が近くの紳士が荷物を上にあげてくださいました。この紳士は着陸の際も、荷物を下ろしてくださいました。ありがとうございます。

確かに、日本の航空会社でも、「お客様ご自身で・・・」というようなアナウンスが流れていたような気がします。

すみません。自分で持ち上げられる重さの荷物じゃないといけないですね。

それにしても、何も食べなかったと思うんだけど、そんなにずっと寝てたのかな。

飲み物もペットボトルのお水が席にあったので、それを飲んだだけのような気がします。

プレミアムダイニング − 機内食 − アメリカン航空

日本に帰ってきて、気になって調べてみたけど、⤴

「サム・チョイ

サムは、ジェームズ・ビアード賞を受賞したレストラン経営者で、太平洋諸島とカリフォルニア、日本、東アジアの食材と調理法を組み合わせたパシフィック・リム料理の考案者として有名です。

サムのメニューは、ハワイおよび米国大陸横断路線のファースト/ビジネスクラスでお楽しみいただけます。」と書いてありました。

ってことは、やっぱり機内食あったんだろうなあ。

そんなにずっと寝てたかな(笑)

ホテル代と時間の節約に、深夜便を選択しましたが、結構きつかったです。

いわゆる「レッド・アイ・フライト」です。寝不足で赤い目になるっていうやつ。若いうちなら回復も早いかもしれんが・・・

サンフランシスコとニューヨークの間には、3時間の時差があるため、9時間近いフライトに見えても、実際には6時間もない。離陸だ、着陸だ、なんてやっていたら、寝る時間はあまりありません。もともと、機内で寝られないタチだし。

ニューヨークに到着した時、とっても眠かったです。

搭乗記になってなくって、ごめんなさい。

次はラストフライトの前のJFKのラウンジ、そして、その次はついに最終回、今回の修行で一番楽しみにしていた ニューヨーク→羽田 JALファーストクラスです。