陸マイラーのせかいのたび

ANA中心のマイラー、ゆる~く12年生。2016年に情勢の変化を知り、びっくり!世界一周航空券を使って、2017年SFC修行、2018年JGC修行しました。

パリ2泊滞在記①~モンサンミッシェル日帰りツアーに参加

f:id:kulipa:20181018210310j:plain

世界一周航空券を使ったJGC修行をしましたが、今日は、その中でパリに2泊した時のお話をしたいと思います。

私にとっては3回目のパリ。

同行の夫は初めてのパリです。

同行とはいっても、日本からは別々のルートで来ました。

私は、1人で香港ディズニーランドに行った後、香港のラウンジを堪能し、キャセイパシフィック航空の深夜便でフランクフルトへ。

www.kulipa3.com

夫は、ANAでフランクフルト入りし、空港近くのホテルで一泊。朝、フランクフルト空港で待ち合わせをしました。

そして、ベルギーとフランスを一緒に旅行したのです。

その後、シャルルドゴール空港で別れて、私はサンフランシスコへ向かいました。

www.kulipa3.com

花の都パリにたった2泊なんて、本当に短すぎ!

本当はもっとゆっくり訪れたいところです。

たった2泊のパリ滞在で、1日目は別行動にしました。

夫は初めてのパリだから、行きたい場所がいろいろあるだろうし、私は買い物もしたいし、お互い自由の方がよいと思ったからです。

2日目はどうするか。

私はずっと「モンサンミッシェル」に行ってみたかったので、ベルギーに行かないで、モンサンミッシェルに宿泊しようか、ちょっと迷いましたが、

2人の大好きなベルギーは再訪したい気持ちが強かったので、それならば、「日帰りでモンサンミッシェル行ってしまおう」ということになりました。

夫が時刻表を調べてくれまして、日帰りでもそれほど無理なく行けそうでした。

しかし、結構朝早く、夜遅い。その方が料金も安いし、現地での滞在時間も長い、ということでメリットもあるのですが。

ちょいと迷いましたが、現地のツアーにのっかっちゃえば、らくらくだし、乗り継ぎ時間にドキドキすることもないし、現地で日本語のガイドを聞くことができます!

日本語のガイドが「ある」と「なし」では、全然充実度が違います。ガイドブックなどで勉強しておけばよいのかもしれませんが、やはり、現地でいろいろな歴史を聞きながら、見学することはとてもよい勉強になります。

私の大好きな「ベルサイユ宮殿」、今回は行きませんでしたが、1回目は個人で行き、2回目はガイドツアーで行きました。ガイドツアーにした時に、たくさんの事を教えていただき、ガイドツアーにしてよかった、と心から思ったものです。

前置きが随分長くなってしまいました。

モンサンミッシェル、行ってきてよかったです!

帰国後、「日帰りと宿泊、どっちがいい?」と聞かれることもありますが、私は泊まってないので、「日程に余裕があれば、泊まりたかった」というのが素直な気持ちです。

f:id:kulipa:20181024211443j:plain

パリからモンサンミッシェルまでは360キロあるそうです。と、遠い!

バスは、ノルマンディ地方を走る走る・・・

ノルマンディ地方は、リンゴのお酒で有名だそうです。シードルカルヴァドス、そして、ポモ-

これらは、アルコールが苦手な方でも美味しく飲めそうな感じです。

このあと修行がなければ、買って帰りたかったくらいです。

f:id:kulipa:20181024210508j:plain

ポン レヴェック」というかわいい街で休憩しました。

f:id:kulipa:20181024212354j:plainf:id:kulipa:20181024212445j:plainf:id:kulipa:20181027104243j:plain

ガイドさんから「あそこのパンやさんのクロワッサンは、とっても美味しいのよ」と教えていただきましたが、ホテルで朝食を食べすぎ、まだお腹がパンパンだったので、食べられず。

f:id:kulipa:20181027104310j:plain

f:id:kulipa:20181027104157j:plain

そのあとは、モンサンミッシェルまで一気に進みます。

f:id:kulipa:20181024212624j:plain

遠くにモンサンミッシェルが見えてきたときは、感動しました♪

サン・マロ湾上に浮かぶ小島上にそびえる修道院です。 ウィキペディアによれば、「カトリックの巡礼地のひとつであり「西洋の驚異」と称され、1979年には「モン=サン=ミシェルとその湾」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録され、1994年10月にはラムサール条約登録地となった」とのこと。

テレビや雑誌などで、何度も見た景色を、いつか自分の目で見たいと思っていました。ついに、本当に来る日がやってきたのです。

バスを橋の手前でおりました。

早く橋を渡りたいところですが、もうお昼。まずは、ランチをいただきます。

ツアーでセットになっていました。

あの、有名なオムレツです。

私は、この有名なオムレツが日本に初上陸した時に、子どもと「あの時は時間がなくてモンサンミッシェル行きをあきらめたから、せめて、オムレツ食べに行こう」と言って食べに行きました。随分並んだんですよね。しかし、数ある外食の中で、一番がっかりしたのです。期待しすぎたのか。作った人の問題だったのか。全部食べることができませんでした。

「あの時」というのは、子どもが中学生の時↓。また一緒に行こうねと言いつつ、お互いの予定が合わずに、なかなか一緒に行けない。また母子旅ができたらいいなあ。

www.kulipa3.com

ですので、今回、全く期待していなかったのですが、日本で食べた(モンサンミッシェルと同じレシピという)オムレツよりは、よかったと思いました。

f:id:kulipa:20181024213110j:plainf:id:kulipa:20181024213120j:plainf:id:kulipa:20181024213134j:plain

さあ、食べたら橋を渡ります。

f:id:kulipa:20181024213249j:plain

f:id:kulipa:20181024213310j:plainf:id:kulipa:20181024213352j:plain

パリから日本人スタッフさんが同行しているツアーですが、モンサンミッシェルではフランスのガイドさんもつきます。

やはり、ガイドさんの説明があると、よーくわかります!

世界史をもっと勉強しておくんだったな~。

遠い昔の遠い国の歴史を聞きながら、当時の人々に思いを馳せます。

f:id:kulipa:20181024213512j:plainf:id:kulipa:20181027104342j:plainf:id:kulipa:20181027104355j:plain

ここは世界中の人を魅了する場所、本当にたくさんの人が毎日訪れています。

f:id:kulipa:20181026214925j:plainf:id:kulipa:20181026214944j:plain f:id:kulipa:20181026215021j:plain

混んでる日の江の島の参道みたい。

f:id:kulipa:20181026215111j:plain

この日はお天気もとてもよく、最高の観光日和でした。

ガイドさんによると、モンサンミッシェルは晴れの日が多いとか。

日帰りでも、来ることができて本当によかった♪

次回はできれば、泊まりでゆっくり来たいです。