陸マイラーのせかいのたび

ANA中心のマイラー、ゆる~く12年生。2016年に情勢の変化を知り、びっくり!世界一周航空券を使って、2017年SFC修行、2018年JGC修行しました。

ANAビジネスクラス特典航空券でポルトガル&スペイン ⑥シントラ、ロカ岬、カシュカイシュ

f:id:kulipa:20190115132350j:plain

リスボンに到着した日は夜遅かったので、4泊するといっても、実質3日間しかありません。

本当は、ポルトにも行きたい、アルガルベ地方にも行きたかった。

ポルトに行くかは、最後まで悩みましたが、次回またポルトガルに来ることにして、今回はリスボン近郊を観光するにことにしました。

しかし、近郊といっても、行きたいところがいっぱいある!全部行くのは個人ではなかなか大変!ということがわかりました。

若い時の自分だったら、それでも電車やバスで行ったと思うけど、今は「現地ツアーに乗っちゃおう」と。

★目次★

現地ツアーといっても、パリやロンドンのように日本語ツアーがたくさん出ているわけではありません。行きたい場所重視で、英語ツアーに参加する事にしました。日本円で一人8,600円くらい。 英語での説明は、半分、いやほとんどわからないのですが、それでもとっても楽しいツアーでした。

この日は、アメリカから2人、シンガポールから2人、そして私たち3人、ガイド兼運転手さんの総勢7人で出発です!

世界遺産 シントラ・ペーナ宮殿

f:id:kulipa:20190115132436j:plain

最初に訪れたのは、世界遺産のペーナ宮殿。1836年に女王マリア2世の夫フェルナンド2世により建てられたものです。まさに「インスタ映え」しそうな宮殿です。

地球の歩き方には、フェルナンド2世とバイエルン王ルートヴィヒ2世(ノイシュヴァンシュタイン城を建てた)が「いとこ」であると書いてあるのですが、とあるブログには、事実関係が確認できないと書いてあり、実際のところは謎です。

f:id:kulipa:20190115133035j:plain

f:id:kulipa:20190115132853j:plain

では、宮殿に入ってみましょう。ここから自由行動です。敷地はたいへん広いので、お庭散策だけでも時間かかりそう。

f:id:kulipa:20190115132528j:plain

f:id:kulipa:20190115132611j:plain

f:id:kulipa:20190115132657j:plain

城内は別料金(一人6.5ユーロ)でしたが、せっかくですので、入ってみることに。豪華なお城の内部も見学してよかったと思いました。

ポルトガル1日目が始まったばかりのこの頃、「ポルトガルって思っていた以上にすごい!もっと早く来ればよかった!」とワクワクした気持ちになっていました。

世界遺産 シントラ・レガイラ宮殿

f:id:kulipa:20190115133133j:plain

こちらも世界遺産です。

12世紀に建設された王族の別邸を利用して、20世紀前半に、イタリアの建築家ルイージ・マニーニによって改築された宮殿とのこと。

こちらも自由行動でした。

f:id:kulipa:20190115133358j:plain

f:id:kulipa:20190115133553j:plain

いろいろな仕掛けがある宮殿で、冒険できます!すっごく楽しい。時間が足りない!

f:id:kulipa:20190115133219j:plain

f:id:kulipa:20190115133249j:plain

井戸のような円筒形の階段!

ここが“イニシエーションの井戸”です。イニシエーション=儀式を行うところだそうで、産道のような狭い暗闇の通路の暗さから光がある場所へ出て、新しく生まれ出る意味があるそうです。

シントラ ランチ

さあ、お待ちかねのランチタイム。自由行動になる前にガイドさんおススメのお店を教えてくれたので行ってみることにします。

www.adegadascaves.com

f:id:kulipa:20190115133727j:plain

Bacalhau à Brás(バカリャウ・ア・ブラス)

ガイドさん一押しなので、食べてみました。日本語風に言うと、「干し鱈とジャガイモと玉ねぎの卵とじ」

f:id:kulipa:20190115171149j:plain

スイス旅ですっかりはまった「ロシュティ」にちょっと通じるものがあるジャガイモ料理。見た目よりず~っと美味しい。ガイドさんがおススメしなかったらチョイスしなかったであろう料理だけど、食べてみてよかった!

バカリャウ(干したタラ)はポルトガル人のソウルフードだそうです。

ポルトガルに行く方は是非お試しください!私はタラはそんなに好きではないのですが、これは美味しかったですよ♪

シントラ スイーツ

シントラの伝統菓子で大人気のカフェ「Piriquita(ピリキータ)」

お店のHP→ Casa Piriquita

f:id:kulipa:20190115171248j:plain

f:id:kulipa:20190115134109j:plain

ここで有名なのは、チーズを使ったケイジャータと、パイの様なトラヴセイロ

ケイジャータは13世紀から作られていたという名物のお菓子。

また、トラヴセイロは、アーモンド入りのクリームをサクサクのパイで包み、グラニュー糖がかかってます。トラヴセイロとは枕と言う意味があるそうです。

ポルトガル名物ナタ(エッグタルト)も、もちろん外せません。

f:id:kulipa:20190115134346j:plain

ロカ岬

f:id:kulipa:20190115134450j:plain

ユーラシア大陸最西端!!

リスボンに来たら必ず訪れたい場所だと思います。

f:id:kulipa:20190115134735j:plain

f:id:kulipa:20190115134815j:plain

この記念碑の海側には、ポルトガルの詩人ルイス・デ・カモンイスの叙情詩の一説、「ここに地果て、海始まる」と刻まれているそう。カモンイスはこの長編詩の中で、ポルトガル史上重要な役割を果たした人々や偉業を讃えており、インド航路を発見したヴァスコ・ダ・ガマもそのうちの一人だそうです。

ロカ岬(Cabo da Roca)の Rocaは「岩山」を意味しており、まさに文字通りの眺望!断崖絶壁です。

ユーラシア大陸の最西端ですからね、ここからの夕陽は本当に素晴らしいそうです!

カシュカイシュ

f:id:kulipa:20190115135035j:plain

19世紀後半にポルトガル王室やヨーロッパ各国の王室貴族が避暑地として訪れたことから開けたリゾート地だそうです。

実は、カシュカイシュのことは何も知らなくて、特に期待してなかったんです。ロカ岬とシントラは行きたかったけど、カシュカイシュは事前に情報もチェックしてなかったくらい。

ところが、行ってみたら、とってもいいところでした!!

f:id:kulipa:20190115135155j:plain

f:id:kulipa:20190115135536j:plain

ここは湘南!?(笑)

f:id:kulipa:20190115135123j:plain

次回は、カシュカイシュの宿に滞在っていうのもいいんじゃない?て思ったくらい。

ここでもガイドさんがパン屋さんとジェラート屋さんを教えてくれました。

ガイドさんの舌に間違いないと、シントラで思ったので、どちらも行きたい!時間あるかな?

まずはジェラート屋さん。

その名はSantini

www.santini.pt

f:id:kulipa:20190115135316j:plain

いや~びっくりの美味しさ!ポルトガルのジェラートがこんなに美味しいなんて初耳!!

ポートワインのジェラート、また食べたいなぁ♪

カシュカイシュ以外にもあるみたいなので、ポルトガルに行く方がチェックしてみてくださいね。

パン屋さんは時間がなくて覗いてみただけ。ケーキもありました。美味しそ~

f:id:kulipa:20190115135420j:plain

約8時間のツアーは、楽しくて、見所満載で、あっという間に終わりました。

ガイドさん一日ありがとうございました。

とても親切なガイドさんでした。英語がわかればもっといいのにな、英語勉強しなきゃと思った一日でした(←帰国後すぐ忘れる💦)。