陸マイラーのせかいのたび

ANA中心のマイラー、ゆる~く12年生。2016年に情勢の変化を知り、びっくり!世界一周航空券を使って、2017年SFC修行、2018年JGC修行しました。

レブンウスユキソウを見に行こう♪

f:id:kulipa:20190715141533j:plain

★エーデルワイスとレブンウスユキソウ

エーデルワイス」をご存知ですか?

私が「エーデルワイス」という名前を知ったのは、確か小学生の時に「サウンドオブミュージック」という映画を見た時だったと思います。

小学生ながらも、この映画が大好きになって、いまもなお大大大好きな作品です。

この映画のロケ地を巡る旅もしましたし。

それ以来、気になっている花「エーデルワイス」。

エーデルワイス」は、オーストリアとスイスの国花であります。

いつか本物を見たいと思っていまして、

エーデルワイスを探す旅をしたのですが、そのときは見つけられず。

今思えば、時期的にはぴったりだったので、ガイドつきツアーにすれば見られたのかもなあと反省しています。

f:id:kulipa:20190715203605j:plainf:id:kulipa:20190715203613j:plainf:id:kulipa:20190715203621j:plain

スイスでは⤴これらの可愛いお花をたくさん見ることができましたが、エーデルワイス見たかった!!残念。

仕方なく、エーデルワイスのハーブティーとリキュールを買ってみました。

f:id:kulipa:20190715203058j:plain

さて、エーデルワイスと呼ばれていますが、正式には「セイヨウウスユキソウ」というそうな。

この「ウスユキソウ属」には「エゾウスユキソウ」別名「レブンウスユキソウ」もあります。

見た目もそっくり!

★礼文島へ

そんなわけで礼文島にも行ってみたいとずっと思っていました。

国内とはいえ、はるか遠い所だし、レブンウスユキソウが咲いている時期に行くのもなかなか難しい。

でも、今回弾丸ですが、行ってみることにしました。

www.kulipa3.com

礼文島にはたった18時間ほどの滞在時間でした。

当初は礼文島初めてだし、定期観光バスで澄海岬に行ってみたかったのですが、

ちょうどレブンウスユキソウが咲いているというので、

群生地に行ってみることにしました。

★レブンウスユキソウ群生地への行き方

・フェリーターミナルから桃岩展望台行きのバスに乗ります。(行きは上り坂で、徒歩30分以上かかると思いますが、歩く方もいらっしゃいます)

f:id:kulipa:20190715205433j:plain

・運転手さんに「林道入口で降ります」と言います。実は、バス停がないのですが、運転手さんに事前に言えばおろしてくれます。

f:id:kulipa:20190715205824j:plain

・林道に沿って歩いて行きます。緩やかな上り坂です。写真を撮りながらゆっくりゆっくり1時間ほど歩くと群生地に到着。宿の方の話では、普通に歩くと30分位だそうです。

f:id:kulipa:20190715205604j:plain

f:id:kulipa:20190715210345j:plain f:id:kulipa:20190715210420j:plain

f:id:kulipa:20190715210538j:plain

写真の腕がもっとよければいいのですが💦

たくさんのレブンウスユキソウを見ることができました。

さて、このまま林道ハイキングコースを進んで行くと4時間くらいのハイキングコースらしいです。

私は時間と体力の関係で、来た道を引き返します。

林道入口まで戻り、さらに車道をてくてくと歩いて下ります。

バスの本数がとても少ないので、約30分程さらに歩きます。

f:id:kulipa:20190716203725j:plain

たまに車が通ると、ヒッチハイクしたい気分になりました。

行きは、8時40分フェリー乗り場発のバスで出かけ、11時過ぎに街まで戻ってきました。

時間の関係で、礼文島の他の観光ができませんでしたが、大満足でした。

澄海岬は、いつかまた行ってみたいと思います。