陸マイラーのせかいのたび

ANA中心のマイラー、ゆる~く14年生。2016年に情勢の変化を知り、びっくり!世界一周航空券を使って、2017年SFC修行、2018年JGC修行しました。

富士屋ホテル(箱根宮ノ下)宿泊記★前編★

f:id:kulipa:20201213160540j:plain

www.fujiyahotel.jp

140余年の歴史を受け継ぐ「富士屋ホテル」

日本を代表するクラシックホテルです。

2020年7月15日、約2年間の耐震補強および改修工事を経て、リニューアルオープンしました。

ジョン・レノンやチャップリン、ヘレン・ケラー、夏目漱石、三島由紀夫など、国内外の著名人も宿泊したことがある人気ホテル。

「いつか泊まってみたい憧れの宿」に、ついに泊まることができました(2020年12月)。

目次

箱根登山鉄道

f:id:kulipa:20201213160758j:plain

2019年10月の台風の影響で、一時運休していましたが、2020年7月に運転再開。

今回は母と箱根登山電車に乗って行ってきました。

f:id:kulipa:20201213161316j:plain

アフタヌーンティー

f:id:kulipa:20201213161652j:plain

私がアフタヌーンティーセット、母はアップルパイと紅茶のセットをオーダーしました。

アフタヌーンティーセットの場合、紅茶のおかわりができ、違う種類でもよいとのこと、

私は最初にアッサム、その次にフレーバールイボスティーにしました。どちらも美味しかったです。

ケーキたちも、ほんと美味しかった!

アップルパイは大正4年からの伝統のレシピで、ジョンレノンが愛したという有名な一品。

家族へのお土産に買って帰りました。

f:id:kulipa:20201214132430j:plain

今、富士屋ホテルのことを振り返ると、アフタヌーンティーの時間が最高に幸せだったな~なんて思い出します。

お部屋(フォレストウイング)

お茶を飲んでいると、お部屋の準備ができましたと声をかけていただきました。

リニューアル後も、昔の伝統を残すように配慮されていますので、内装はとてもきれいですがで、造りはクラシカルなまま。

ちょっと迷子になっちゃいそうなので、要注意です!

ホテルのHPからご紹介します。

「約7,600坪の敷地内に有するのは「本館」「西洋館」「花御殿」「フォレスト・ウイング」、それぞれ味わい深い雰囲気と居心地のよさを兼ね備えた4つの宿泊棟。 全室に箱根・宮ノ下の天然温泉がひかれ、ゆったりとくつろぎの時間をお過ごしいただけます。

本館 明治24年(1891年)建築登録有形文化財・近代化産業遺産

富士屋ホテルで現役の最古の建物。 社寺建築を思わせる瓦葺屋根と唐破風の玄関が特徴で、永い時を経て、今も富士屋ホテルの顔であり続けています。 和と洋が融合されたしつらえに、富士屋ホテル独特の雰囲気を味わいいただけます。(全12室)

西洋館 明治39年(1906年)建築 登録有形文化財・近代化産業遺産 1号館「カムフィ・ロッジ」、2号館「レストフル・コテージ」からなる双子の洋館。 明治期の洋風建築の典型ともいわれる天井や軒、階段の装飾、鎧戸付きの上げ下げ窓や、豪華な唐破風の玄関は建築時の面影のそのままに、ひときわ存在感を放ちます。(全21室)

花御殿 昭和11年(1936年)建築 登録有形文化財・近代化産業遺産

風雅な和の意匠や千鳥破風の屋根、真紅の高欄付バルコニーが雅な花御殿は、富士屋ホテル建築の集大成であり、箱根のシンボル。 「フラワーパレス」とも称され、その名にふさわしく客室には花の名がつけられ、インテリアやルームキーにも花のモチーフが。 それは部屋ごとに異なり、いつ訪れても新鮮な驚きをもたらします。多彩な間取りがあるのもこの棟ならでは。(全40室)

フォレスト・ウイング 昭和35年(1960年)建築

敷地内の高台に建ち、悠々とした自然をながめるお部屋や箱根登山鉄道をのぞめるお部屋も。四季折々の箱根の景色を満喫いただけます。 2階には宿泊者専用のラウンジ、最上階にはスパ&リラクゼーションを完備。 思い思いにリラックスしたときをお過ごしください。(全47室)

今回は、フォレストウイングです。

f:id:kulipa:20201214110652j:plain

理由は簡単で、空室があり、一番リーズナブルだったからです。一番リーズナブルといっても、そこはさすがの富士屋ホテル!!

もちろん、ゆったりめの広さで、お風呂の蛇口からは温泉のお湯があるという贅沢さ!しかし、大浴場が近かったこともあり、お部屋の温泉には入りませんでした。

f:id:kulipa:20201214110731j:plainf:id:kulipa:20201214110747j:plainf:id:kulipa:20201214110808j:plain

f:id:kulipa:20201214110826j:plainf:id:kulipa:20201214111018j:plainf:id:kulipa:20201214111029j:plainf:id:kulipa:20201214111043j:plain

大浴場に近いので、とっても便利でした。

でも、ほかのお部屋も気になりますよね。

お部屋(花御殿)

f:id:kulipa:20201214132325j:plain

こちらは泊まったわけではないのですが、お部屋を見せていただいたので、ご紹介しちゃいます。 f:id:kulipa:20201214131247j:plain f:id:kulipa:20201214131256j:plainf:id:kulipa:20201214131553j:plainf:id:kulipa:20201214131608j:plain

屋内プール・ジム

私は運動する予定なく、水着や運動できる服装は準備していかなかったですが、毎日、水泳や運動している方にはうれしい施設ですね。

f:id:kulipa:20201214131809j:plainf:id:kulipa:20201214131819j:plain

宿泊者専用ラウンジ

f:id:kulipa:20201214132018j:plainf:id:kulipa:20201214132026j:plain

ホテル・ミュージアム

ホテルのHPによると、

富士屋ホテルの誕生から現在までの道のりを貴重な史料とともにご紹介する「富士屋ホテル史料展示室」が、2020年リニューアル。 ここにあるのは、知的好奇心を刺激する展示品の数々。 創業当時を思い出すことのできる品々とともに、改修により新たに発見された経営資料や書簡、改築まで至らなかった建築計画や図面なども展示。 歴代の経営者たちがよりよいホテルにするために試行錯誤した様子を知ることができます。

f:id:kulipa:20201214133453j:plainf:id:kulipa:20201214133515j:plain

後編に続きます。

次回、お食事のことなどを書く予定ですので、よろしかったらまた見てくださいね♪