陸マイラーのせかいのたび

ANA中心のマイラー、ゆる~く12年生。2016年に情勢の変化を知り、びっくり!世界一周航空券を使って、2017年SFC修行、2018年JGC修行しました。

シドニー空港ニュージーランド航空ラウンジ(ちょっとだけよ)

f:id:kulipa:20170201201611j:plain

羽田→関空→香港→オークランド→クィーンズタウン→メルボルン→シドニー→羽田

修行前半戦をご報告しているところですが、最後のフライトに乗るシドニー空港まで来ました。

出発3時間ちょっと前に空港に着いて、すぐにチェックイン。

まだ8日ぶりなのに、なぜか懐かしいANAのカウンター。

日本語でチェックインできる。うれし~。 ビジネスクラスなので、ニュージーランド航空のラウンジを案内される。 で、聞いてみる。

わたし「実は、カンタス航空搭乗の人と待ち合わせをしているのですが、一緒にラウンジに入れますか?」

ANA「ビジネスクラスの搭乗券ではご自身しか入れませんが、スターアライアンスのゴールドメンバーでしたら、お1人招待できます。」

わたし「ユナイテッドのゴールドメンバーなんですけど、もう1人はカンタス航空に乗るのですが、ニュージーランド航空のラウンジに入れますか?」

ANA「大丈夫ですよ」

わたしの心の声(やったー!)→実はできなかったんだけどね(後述)。

んでもって、ざっくりした待ち合わせだったんで、お互い探し回っちゃって、すごい歩いてへとへとでした(おかげで機内で寝られた)。

やっと会えた頃には、喉はからっから。 「さー、ラウンジでなんか飲むぞぉ」

待ち合わせをした子は、カンタス航空の国内線で乗り継いで、シドニー空港まで来たのだけど、「ラウンジ楽しみで、カンタス航空国内線の機内食パスしちゃった」とのこと。

2人とも、ラウンジをこんだけ楽しみにきたのに

無情にも、ニュージーランド航空ラウンジの受付では、「カンタス航空に搭乗する人は入れません!」

「ANAの人が2人とも入れるって言ったんですけど」(と、わたしは言いたいのだが、英語に難があって、伝わっていない。)

カンタス航空搭乗者もがんばってみる「トイレだけでも借りられますか?」「有料でも入れますか?」

「有料でも」って聞いたのは、9月にデルタ空港のラウンジへ行った際、同行者1人は無料で、もう一人は29ドルかかったから、有料なら入れるかもと思ったみたい。

しかし、答えは「NO!」ここから先に入ってくれるなって感じだった。

わたしは、ついに温情作戦に出てみる。 「わたしの子どもなんです」 (そんなの関係ねえ?←古っ)「ソーリー、NOはNOよ」

もう、あきらめるしかないね~。 子ども→「さっきの機内食食べておけばよかった」「ANAの人がいいって言ったって、ちゃんと言って」

そうですよね、そうですよね、すみません。

そうだ!もしかすると、スカイチームのラウンジに入れるかも!?

疲れた足を引きずって、またもや大移動(大袈裟)。 受付にて、デルタのゴールドメダリオンの証を提示するも、「スカイチームのエアラインに搭乗しない人は入れません」 あぁ無情。

カンタス航空の搭乗時間になったので、2人は別れて、わたしはANAのゲートへ。 カンタスとANAは、5分違いのフライトだったんだけど、ニュージーランド航空のラウンジにちょこっと入ってみました。

f:id:kulipa:20170201202153j:plainf:id:kulipa:20170201202203j:plain

ちょっとだけよ ってタイトルにつけたのは、ラウンジにいたのは、本当にちょっとだけだったから。

「加トちゃん」風に読んでいただければありがたいです。

空港に出発3時間前についたのにね。

f:id:kulipa:20170201203116j:plain

カンタスが5分早く羽田到着予定だったが、この日はANAが30分早く到着したのであった。