陸マイラーのせかいのたび

ANA中心のマイラー、ゆる~く12年生。2016年に情勢の変化を知り、びっくり!世界一周航空券を使って、2017年SFC修行、2018年JGC修行しました。

夏旅⑫ オランダ ヒートホールン 童話の世界みたいな素敵な所でした(その1 アクセス編)

f:id:kulipa:20190818194615j:plain

私はオランダが大好きですが、この村のことは、最近まで知らなかったのです。

Twitterで偶然に知りました。素敵な景色の写真に釘付けになりました。「行ってみたい♡」

まさか、あの記事を見て3カ月後には行くことになるなんて。

moonbowさん、ヒートホールンのことをTwitterで紹介してくださって、ありがとうございます。

オランダ語では「Giethoorn

グーグル地図では、「ギートホールン」と出ていますのでご注意を

★目次

★行き方

検索してみましたが、レンタカーだと楽という記事が多かったです。

でも、公共交通機関でも全く問題ありませんでした。

私の場合は、スキポール空港から直接行きましたので、Steenwijk駅まで直通で行ける電車Intercityがありました。

アムステルダムから行く場合は一度乗り換えになります。

行き方を調べる時に役立ったのが、私の場合、グーグルマップです。

f:id:kulipa:20190818200746j:plain

本当は、お友達に「omio」というアプリが便利と聞いたので、これをダウンロードしたのです。でも、バス停を入力してもうまく検索できなくて。

綴りかなにかが違っていたのかもしれません(←綴り、間違ってなかったと思うんだけどもね(^-^;)

結局、omioは使わず、グーグルマップを利用しました。

オランダの公共交通機関に乗る際には、「OVチップカード」という日本でいうところのSuicaみたいなカードがあると便利と聞いていました。

しかし、今回は空港からヒートホールンへの単純往復だったので、使いませんでした。あちこち回る方には、オススメだそうですよ。

本当のことを言うと、駅の窓口で、OVチップカードの買い方を聞いてみたのですが、私の英語力が足りなくて通じず、結局、空港駅からSteenwijk駅までの往復切符を買ってしまったのでありました。

f:id:kulipa:20190818201815j:plain

切符は券売機でも買えますが、窓口がそれほど並んでいなかったこと、機械の操作にちょいと不安があったので、窓口で購入↑

f:id:kulipa:20190818202202j:plain

電車に乗る前には、バリデーションを。日本の改札でICカードをピッとするのと同じ要領です。

空港駅では、とてもしっかりしたスタッフさんが、たくさん来るお客さんを捌いていました。

「あなたどこ行くの?」「何番線に何時発ね」「アムステルダム行は、ホームのもっと中央寄りに行って待ってて」などと声をかけていました。知らない場所で、どの電車に乗っていいかわからない時、こういうスタッフさんがいるととても安心です。

f:id:kulipa:20190819204316j:plain

Leeuwarden駅行き電車が来たので乗ります。

f:id:kulipa:20190818203132j:plain

少し走ると、のどかな景色の連続。癒されます。

f:id:kulipa:20190818202716j:plainf:id:kulipa:20190818202727j:plain

1時間40分程でSteenwijk駅に到着。

バス停は駅の目の前です。

「ヒートホールン エクスプレス」という直行便もありますよ。

Steenwijk駅で降りたほとんどの乗客が、ヒートホールン行のバスに乗りました。

見てると、OVチップカード(日本のSuicaみたいなICカード)をぴっとしているお客さんが多いです。また、アムステルダムからの日帰りパックの切符をプリントアウトして見せている方も多い。

その場で切符を買うのは、ちょっと時間がかかって後ろの人に迷惑かな、と思ったのですが、なんとクレジットカードを機械にピッと当てるだけで、するするとレシートでてきました(タッチ決済)!便利!

一番前の席に座ったので、乗客が乗るときの様子を、ずっと見ていましたけど、クレジットカードの種類によっては、タッチ決済には対応できず、暗証番号を入力する方もいましたよ。

私は運転手さんに「ホテル デ ハーモニーまで」と言って切符を買ったので、「次は ホテル デ ハーモニーですよ」と運転手さんに声をかけてもらいました。

海外でバスに乗る時は、降りる場所がよくわからないので、いつも運転手さんの席にいるように乗っています。

たくさん乗っている観光客の中で、私が一番初めにバスを降りました。しかも、私一人が降りたので、ちょっと不安になりました。みんなヒートホールンまで行く観光客みたいだからです(中国の方と中近東の方が多めでした)。

帰りのバスの時刻表、撮っておこう。

f:id:kulipa:20190819202231j:plainf:id:kulipa:20190819202255j:plain

ホテルの名前がバス停の名前だけあって、ほんとに目の前にホテルがありました。

f:id:kulipa:20190819202435j:plain

お、ホテルの目の前のレストランも賑わってるよ。

f:id:kulipa:20190819202510j:plain

今日の夕食はどっちでいただこうかな(ウキウキ)

★帰り方

ヒートホールンの観光については、別の日に書くとして、今日は、私がどんな風に行って帰ってきたかを報告しますね。

まずは、降りたバスの停留所かでバスを待ちます。

行きは時刻表通りだったのですが、帰りは、あれれ~、なかなか来ないよ。

待っている間に、上の方から木の実が落ちてきて、バッグが紫色に染まって焦りました💦(んで、ミュンヘン空港でバッグお買い上げ。エミレーツFに乗るのにちょっと恥ずかしいから)

www.kulipa3.com

ようやくバスが来ました。

乗りたい電車まで余裕に余裕のある時間なので、焦ることなく、乗っていました。

Steenwijk駅到着。駅の周りは、こんな感じ。

f:id:kulipa:20190819203325j:plainf:id:kulipa:20190819203357j:plain

早くついたので、駅の周りをウロウロしてみたけど、ここの駅はスタッフさんはいないんですって。

f:id:kulipa:20190819203655j:plain

自動改札。

f:id:kulipa:20190819203754j:plain

f:id:kulipa:20190819203820j:plainf:id:kulipa:20190819204003j:plainf:id:kulipa:20190819204026j:plain

帰りの電車も、スキポール空港直通の電車に乗りました。

楽しかった1泊2日のオランダ(ヒートホールン)の思い出を胸に

(ヒートホールン編、次回に続きま~す)