陸マイラーのせかいのたび

ANA中心のマイラー、ゆる~く11年生。2016年に情勢の変化を知り、びっくり!2017年、世界一周航空券を使った修行しました。

ANAビジネスクラス特典航空券でイタリアに行ってきた!⑤デュッセルドルフ→ミュンヘン ルフトハンザ航空ビジネスクラス搭乗記

f:id:kulipa:20170902182655j:plain

成田空港出発が2時間30分遅れ、デュッセルドルフ空港到着が2時間10分遅れました。

2時間30分あると思っていた乗り継ぎ時間が、20分になったのです!

機内でCAさんから

「急いで降りて、地上の係員に声をかけてください。」

「つまり、20分で乗り継ぐということですね?」

「そのようです」

とのこと。

一番に飛行機を降りて、地上係員に声をかけました。

「〇番ゲートにお急ぎください」(日本語)

「荷物は大丈夫ですか?」

「大丈夫です」(日本語)

そして、入国審査、手荷物検査をして、〇番ゲートに走ります。

しかし

誰もいない 何の表示もない

周囲を見回し、係員とおぼしき方に聞いてみる。

「〇番ゲートは、◆番ゲートに変更になったわよ」(英語)

えーっ!それなら、どこかに表示しておいてくれ~!

また走ります。

なんとか◆番ゲートに到着したところ、最初に案内してくれた日本語の上手な(というより完璧といえる)現地係員さんも走ってきてくれました。

「ゲートが変更になってました。間に合ってよかった」(日本語)

「荷物は大丈夫でしょうか」

「大丈夫です!!」(日本語)

この係員さん、走ってきてくれて、なんていい方なんだろう、とこの時は感動したっけ。

(大丈夫じゃなかった話は次回)

そして、機内へ。

ビジネスクラス、がらがらです。

なのに、私の席には、制服を着た(非番?)CAさん風の方が座ってご飯を食べている。子どもの席には、その方のカバンが置いてある。

こんなにガラガラなのに、なんで私たちの席に!?(謎)

走ってギリギリに乗ったこともあるし、その方はご飯(大き目容器に入ったサラダ←結構ニンニク的な匂いがしてくる)食べちゃってるし、もーしょーがない、時間もないし、適当にこちらも空いている席に座りました。

ビジネスクラスといっても、席はエコノミーと同じです。

3-3の座席配列で、真ん中の席はブロックされています。また、エコノミー席とはカーテンで仕切られ、エコノミー席の様子は見えません。

f:id:kulipa:20170902183917j:plain

また、食事の内容が違います。たった1時間のフライトでも、しっかり食事が出ます。

f:id:kulipa:20170902183850j:plain

狭い座席ですが、1時間のフライトですから耐えられます。ミュンヘン航空に到着です。

f:id:kulipa:20170902184034j:plain

なんとか乗り継ぎができてよかった、と、ほっとしたのも束の間、試練はこれからでした・・・(つづく)