陸マイラーのせかいのたび

ANA中心のマイラー、ゆる~く11年生。2016年に情勢の変化を知り、びっくり!2017年、世界一周航空券を使った修行しました。

伊勢志摩名古屋女子旅③~赤福氷は噂通り美味しかった♪~

f:id:kulipa:20170718153048j:plain

www.kulipa3.com

www.kulipa3.com

それは、7月海の日3連休で実行された。

連日の猛暑。

関東も毎日暑いけど、名古屋に住んでる友人いわく「こっちの方がずうっと暑いから覚悟して来て」

むむむ・・・

何を隠そう、私は暑さに弱い・・・・・

少しでも涼しくなることを祈りつつ、早起きをして電車に乗り、友人2人とも合流し、新幹線に乗り換えました。

名古屋駅に到着後、名古屋の友人とも無事会えて、予約している近鉄電車の時間までちょっと休憩。

f:id:kulipa:20170718170921j:plain

パンとコーヒーセットの値段が、スムージーより安いなんて、さすが名古屋!?

さあ、楽しみにしていたサロンカーに乗り込みます。

f:id:kulipa:20170718171134j:plain

わーい!個室です。「ここで宴会ができるね!」ってことで、翌日の帰りはビールを買ってから乗りました。

f:id:kulipa:20170718171241j:plain

この写真の「伊勢ピルスナー」がとっても美味しくて、お土産に買っておけばよかったと思っています。

名古屋でも探してみましたが、「熊野古道」しか見つけられませんでした。

乗車券は、「五十鈴川」駅まで買っていたのですが、協議の結果、「伊勢市」駅で降りました。

そう、内宮だけでなく、「せっかくなら」外宮も行くことにしたのです。

駅からは、宿まで荷物を送ることができました。1個1,000円です。

4人なので、荷物は4個あったのですが、ぎゅうぎゅうと2個にまとめました。さすが、しっかりものの主婦たちです!

しっかし、暑いのなんの・・・・・暑すぎる・・・・・

涼みたいばっかりに、店に入ってしまうので、なかなか前に進みません。

そうこうするうちに、「混まないうちにお昼前に、昼ごはん食べちゃおっか」ということになりました。

f:id:kulipa:20170718171902j:plain

手こね寿司

f:id:kulipa:20170718171907j:plain

伊勢うどん。初めて食べたけど、柔らかくてびっくり。

f:id:kulipa:20170718171913j:plain

岩牡蠣。私は生牡蠣大好きなのです。しかし、ちょっとこれはいまひとつでした。いつか、牡蠣の美味しい時期に来て、リベンジしたいものです。

f:id:kulipa:20170718152637j:plain

外宮をお参りして、「赤福の外宮店」に入ろうとする大食い組を止める小食組。

小食組いわく、昼ごはん食べたばっかりだし、せっかくなら赤福本店へ行こうと説得されました。「せっかくなら本店」ということで、赤福氷はちょっとおあずけ。

今回、大食いが2名、小食が2名でした。とてもよいバランスでした。3対1だったら、少数派は辛かったかもね~。

「内宮までは、タクシー乗ろうね」、と話していたのですが、タクシー乗り場がわからず、臨時バスが出ていたので、つい乗りました。430円でした。

内宮お参り前に、「赤福本店」へ。

f:id:kulipa:20170718172431j:plain

A子の最大の目的である「赤福氷」に並びます。私は、この時点で暑さというか日光にやられ、顔に蕁麻疹が出来てきておりました。早く冷やさないと。「こ、氷を早くください~!!!」

ああ、美味しい。生き返ったとはこのことでした。 f:id:kulipa:20170718153048j:plain

生き返ったので、内宮へお参りへ。

お参り後、おかげ横丁へ。また赤福本店が見えてきます。

「本店の赤福は、お土産用の赤福より柔らかい」という情報がここで入り、「それは、食べなくちゃ」とまた赤福へ。本日2回目の赤福。

f:id:kulipa:20170718161245j:plain

買い物したりで、もういい時間になっています。そろそろ宿へ。駅までタクシーに乗ろうと思ったら、運転手さんが「宿までいかがですか。その方が時間も短縮できるし」なんて言うので、4人乗ってることだし、普段頑張ってるんだから、ちょっと贅沢しようってことになり、鳥羽の宿までお願いしました。

運転手さんが道を間違え、Uターンのために別の旅館に入ってしまい、宿の方3名の熱烈歓迎を受けてしまうという小ハプニングもありましたが、無事に宿へ到着。

つづく