陸マイラーのせかいのたび

ANA中心のマイラー、ゆる~く12年生。2016年に情勢の変化を知り、びっくり!世界一周航空券を使って、2017年SFC修行、2018年JGC修行しました。

ANAビジネスクラス特典航空券でイタリアに行ってきた!⑯ミラノ(イタリア最終日は最後の晩餐を見に)

f:id:kulipa:20170916161803j:plain

とうとう、イタリア旅行も最終日となりました。明日は帰国なのです。毎回、切ない気持ちと、最終日を思いきり楽しもうという気持ちが入り混じる1日です。

↑こちらは、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会。あの!レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」はこの修道院の食堂の壁画として描かれたものです。

見学は、事前の完全予約制で、15分間です。

公式サイトからの予約が一番安い(12ユーロ)ですが、3か月くらい前には予約いっぱいになるようです。

今回、2か月くらい前に予約しようとしたところ、希望の日時は、公式サイトからは既に満員で予約できませんでした。

そんなとき、次に安いのは、現地に現地旅行会社にお願いすることではないかと考え、インターネットで予約しました。旅行会社へは12ユーロ×3人分+手数料2,000円=6,682円を振り込みました。

同じ時間に予約している人が、係の方の指示で一緒に見学します。解説はイタリア語と英語の時間があるようです。私たちは、日本語のオーディオガイドを借りました。3.5ユーロ×3人分。入場前に時間がありますので、このガイドで予習をしておくとよいです。

あとは、現地ツアーにのって、「最後の晩餐」を見るという方法もありますね。これなら確実ですね。

f:id:kulipa:20170923073339j:plain

この教会の前に、小さな文房具やさんがあります。

ちょうど旅行計画中に、テレビで「ミラノ街歩き」を放送したときに、この文房具やさんが出ていました。

入ってみたら、テレビにでていた店主が!テレビと同じ!日本語がお上手で、とても素敵なおじ様です。

うれしくて、便箋・封筒のセット、メモ帳、ボールペンを買いました。とても素敵な柄です。店主のおじさま手作りの品で、ここでしか売っていないとおっしゃっていました。

帰国後、「あの録画、消したかな?まだあるかな?」と思って探したら、ありました!文房具やさんと店主のおじさま!お懐かしゅうございます!あ~、もっとあれもこれも買ってくればよかった!

f:id:kulipa:20170916203359j:plain

ミラノ最終日のこの日、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会以外に訪れた場所も少し紹介しますね。ミラノは見どころが、た~っくさんある街ですから~

f:id:kulipa:20170916161835j:plain

↑スフォルツェスコ城

f:id:kulipa:20170916161903j:plain

↑スカラ座

しかし、この日は暑くて暑くて・・・

今回の旅行前に「イタリアで熱波」という記事を読んでいたので、どんなに暑いのかしらん、と心配しながら、、、やはり、暑かったです・・・。ドロミテの山岳地帯とコルティナ・ダンペッツオは爽やかでした。また、ボルツァーノは朝晩はひんやりするのに、日中のとても暑く、1日の気温差が激しすぎ~でした。 私の旅行中、ベネツィアとミラノは特に暑かったです。もう少し、普通の暑さだったら、もっとたくさんたくさん観光できたかも~。無理できないお年頃ですからね。「ここには行きたい」と決めていた場所には、ほぼ行けたから満足満足。行く予定だったのに、行けなかったのは、ドロミテのシウジ。しかし、暑さが原因ではなくて、ロストバゲージによるバタバタが原因ですけども。

www.kulipa3.com

www.kulipa3.com

f:id:kulipa:20170916201808j:plain

「気を付けよう 熱中症 暑くなったらジェラート補給」

そんなこんなしているうちに、日も暮れて、いよいよイタリア最後の夕食の時間・・・・・・

この日は日曜日でした。ホテル近くのレストランはお休みが多くて・・・

お店が閉まってる~

美味しそうなお店が見つけられなくて、ミラノ中央駅内で開いているお店で食べてしまいました・・・

うむむむむ、最初から期待はできなかったのですが、お腹すいているから、美味しくないわけじゃないんですが、、、

今まで毎日美味しいもの食べすぎてましたわ~

微妙だったのは、リド島のパスタと、ここのパスタの2回。

f:id:kulipa:20170916203927j:plain f:id:kulipa:20170916203949j:plain

最終日の夜、もうちょっと計画的にお店選びをすればよかったな~

ま、ビールは美味しかったから、よしとしましょ。

旅は始まると、あっという間に終わってしまう。帰らなきゃいけないけど、帰りたくない。荷造りしたくないけど、しなきゃいけない。

そんなとき、我思う。「また来ればいいのさ」

ありがとう、イタリア♬