陸マイラーのせかいのたび

ANA中心のマイラー、ゆる~く12年生。2016年に情勢の変化を知り、びっくり!世界一周航空券を使って、2017年SFC修行、2018年JGC修行しました。

マリオットホテル ベストレートに成功(失敗の多い私が、なぜ今回成功したか)

f:id:kulipa:20181208100303j:plain

ベストレート

旅行が好きで、これまで、あちこちのホテルに泊まってきたわけですが、私がこの単語を知ったのは、実はまだ最近のことです。

ANAの上級会員になりたくて、SFC修行をしたくなって、ネットでいろいろ調べているうちに、このことを知りました。

ベストレートとは、「公式サイトで予約するのが一番安いですよ~」と、ホテル予約に対して最低価格保証(ベストレート保証)をつけているものです。

これは自社でのホテル予約が最も安いですよという保証であり、それよりも安い料金が見つかれば、その価格よりも引き下げます、というサービスになります。

これは、マリオットに限らず、多くのホテルチェーンが行っていますが、マリオットの場合ですと、見つけた料金をさらに25%引きしてくれるというものです。

「もっと早く知りたかった」(笑)!!

マイルやポイントなどに詳しい方は、ホテルにも詳しい方が多くて、日々本当に勉強になります。

しかし、ベストレート申請したいと思っても、うっかりもので、英語のできない私にとっては、ハードルが高かったのです。

www.kulipa3.com

www.kulipa3.com

これまで、数多くの失敗をしてきました。

また、マリオット公式ホテルよりも安いレートが見つけられないことも多々ありました。

f:id:kulipa:20181208101806j:plain

では、なぜ今回成功したのか。

それは「あきらめない心」。(笑)

たいてい、「条件がチガイマ~ス」と英語で言われて、そうなのか~、とあきらめたりしていました。

英語で反論するということは、英語の苦手な者にとってはハードルが高いのです。

今回も、「条件がチガイマ~ス」だけだったら、しょぼ~んとなっていたと思うのですが、

「あなたの見つけた料金は、朝食が含マレテイマセン。マリオットでの予約は朝食が含マレテイマス。だからダメで~す。」と書かれていたのです。

それは、事実と違う。朝食は含まれていないプランを予約していたからです。

f:id:kulipa:20181208102738j:plain

そこで、グーグル翻訳を駆使して、メールをしてみました。

「私の予約している料金は、朝食が含まれていません。」という内容で。

そうしたところ、マリオットから

「確かにそうですね。朝食なしでもっと安い料金がありましたので、料金を変更しておきましたよ」

というお返事がきました。

「!?」

これって、喜ぶべきことなのでしょうか。

確認したら、確かに予約時よりも、金額が下がっていました。

想像ですが、私が予約した時点よりも、公式サイト価格が下がったので、下げてくださったのだと思います。

下げてくださったことにより、私が見つけた他社サイトの料金よりは安くなっておりました。

う~ん。。。。。。ここで、最初よりも金額は下がったし、よかったのかもしれないけど、なんとなく納得できないような気がする。。。

f:id:kulipa:20181208103339j:plain

もう一度、メールしてみることにしました。

「料金を下げてくださって、ありがとうございます。しかしながら、私が予約した時点では、公式サイトよりも、〇〇社で予約した方が安かったのです。そういう場合、ベストレート申請の対象にならないのでしょうか?」

f:id:kulipa:20181208103846j:plain

翌日、マリオットから返事がありました。

「あなたのベストレート申請を認メマ~ス。」

f:id:kulipa:20181208103712j:plain

マイルやホテルに詳しい方のブログを見ると、ベストレートを高確率で成功させている方がたくさんいらっしゃいます。

私の場合、打率は低いのですが、こんな例もあるんだということで紹介させていただきました。

もうすぐ、ベストレートに成功したこのホテルに泊まってきますので、またご報告させていただきますね♪