陸マイラーのせかいのたび

ANA中心のマイラー、ゆる~く12年生。2016年に情勢の変化を知り、びっくり!世界一周航空券を使って、2017年SFC修行、2018年JGC修行しました。

静岡⭐富士宮の旅② 休暇村 富士

f:id:kulipa:20190925202545j:plain

www.kulipa3.com

⤴こんな理由で、富士宮に行ってまいりました♪

目次

うちからは日帰りでも行けるのですが、

「宿を予約したよ」と父がLINEで言いました。

「どこ?」とLINEで聞くと

「休暇村」

えっ?休暇村ってなに?

と内心思ってしまった私。

マリオットだ、シェラトンだ、といろんな宿がありますけど

(実際、マリオット会員なので、とっても意識してますけど)

「休暇村」

懐かしいような新しいような響きの宿に泊まってきましたので、ご報告します。

当初4人で宿泊予定でしたので、4人用のお部屋でした。直前に2人キャンセルになってしまったので

2人で広々泊まってきました。

★休暇村 富士のロケーション

www.qkamura.or.jp

これはもう、「富士」と名前が付くだけあって、富士山の麓です。

冒頭の写真は部屋の窓から撮影したもの。縦バージョンもどうぞ↓

f:id:kulipa:20190925203506j:plain

これは朝の5時50分ごろ撮影したもの。

写真をSNSにアップしていたら、もう日の出で、まぶしくて、とても撮影できる状態じゃなかったです。

あとでフロントに行ったら、この日は6時2分に、ダイヤモンド富士的な写真が撮影できたとのことでした。次回はちゃんと日の出を狙いますっ

★富士山を眺めながら温泉

www.qkamura.or.jp

いや~、これはもう最高でした!

私は敏感肌なので、泉質によっては肌に合わない温泉もあるのですが、ここの温泉はとってもよかったですよ~♪

★晩ごはん

食事はいろいろなコースがあるようなのですが、ビュッフェも人気のようです。

いろんな種類のおかずがありました。

f:id:kulipa:20190925204322j:plainf:id:kulipa:20190925204331j:plainf:id:kulipa:20190925204340j:plainf:id:kulipa:20190925204351j:plainf:id:kulipa:20190925204358j:plainf:id:kulipa:20190925204412j:plainf:id:kulipa:20190925204423j:plainf:id:kulipa:20190925204437j:plain f:id:kulipa:20190925204459j:plain

f:id:kulipa:20190925204514j:plain

さすが静岡!!というラインナップ!

マグロは予想以上の美味しさでした!

★朝ごはん

朝ごはんもビュッフェです。

卵の種類にびっくりです!

f:id:kulipa:20190925204738j:plain

f:id:kulipa:20190925204808j:plain f:id:kulipa:20190925204818j:plainf:id:kulipa:20190925204830j:plainf:id:kulipa:20190925204848j:plain

朝ごはんで一番感動したのは、生のカリフラワーでした(写真ないけど)

新鮮でとっても美味しかったです♪

静岡⭐富士宮の旅① レストランBios(ビオス)

f:id:kulipa:20190923124442j:plain

今日は、素晴らしいレストランの事を紹介します。

前置きが思いがけず長くなったので、レストラン情報見たい方は、目次から「★レストランBios」に飛んでくださいね♪

目次

★ 富士宮へ行くよ!

神奈川県の人にとっては、静岡県はお隣なんだけども、

静岡は関東地方ではないから、天気予報も別々だし、近くて遠いような存在。

実を言うと、私は静岡県生まれなのですが、すぐに引っ越ししてるから静岡の記憶はありません。

学生時代は、山中湖、河口湖、など合宿等々でお世話になったし、大きくなってからは、伊豆に遊びに行ったりします。

でも、静岡県の地図をじーっと眺めたことはなくて、富士市と富士宮市の位置関係について、今回初めてよくわかりました💦。

f:id:kulipa:20190923124853j:plain

今回、富士宮に行きたくなった理由が2つ。

①生前とってもお世話になった新潟のおばちゃんに縁のあるお寺が富士宮にあるらしく、一度行ってみたい。

②北海道に湯治に行った時に知り合ってお友達になった神戸在住の方から、富士宮にとっても美味しいレストランがあると聞いた。

①のおばちゃんについては、このブログにも時々登場しています。

www.kulipa3.com

②の北海道湯治のこともよくブログに書いています。

www.kulipa3.com

神戸の方は、とっても美食家で憧れの素敵なマダム。湯治場で数時間一緒にお話しさせていただいただけなのですが、SNSでは今も繋がっていて、あったかいメッセをくださるので、湯治場での出会いに感謝しています❤

その方のイチオシのお店に是非とも行ってみたい!

しかし、地図を見たら、びっくりするくらい、駅から遠い!

さらにびっくりしたのは、おばちゃん縁のお寺にとっても近い!!!

これはもうまとめて行くしかないでしょう。

父(おばちゃんは、父の姉)、私、私の子ども2人も、総勢4人で行ける日を調整し、計画を立てました。

父が富士宮の宿を4人一部屋で予約してくれたのですが、下の子はカンボジア、上の子は翌日仕事になってしまいました。

もうリスケも大変だからと、上の子は日帰りで、私と父は、たぶん人生初めてだと思うけど、2人でお泊りしました。

★ レストランBios

f:id:kulipa:20190923130928j:plain

f:id:kulipa:20190923130937j:plain

bio-farm.jp

遠くからでもわざわざ来る方がとっても多いのが、よくわかりました!!

ロケーションは牛舎の前。お庭にはヤギもいます。

f:id:kulipa:20190923130516j:plain

f:id:kulipa:20190923130529j:plain

自然の中のレストランです。

コースは二つ。昼も夜も同じ値段です。

5800円と9500円。

これに、10%のサービス料と消費税がつきます。

父に御馳走になるとはいえ、9500円は悪いなと思って、5800円のコースにしましたが、しっかりお腹いっぱいになり、大満足でした。

もちろん、9500円のコース、気になりますが。

f:id:kulipa:20190923130813j:plain

⤴こちらが、私がいただいた5800円(サービス料・税別)のコース。

それと、グラスシャンパンいただきました。1600円でした。

f:id:kulipa:20190923131119j:plain

では、目で見て感動、食べて感動のお料理の写真をどうぞ~♪

f:id:kulipa:20190923131231j:plain

f:id:kulipa:20190923131240j:plain

f:id:kulipa:20190923131532j:plain

f:id:kulipa:20190923131545j:plainf:id:kulipa:20190923131553j:plain

f:id:kulipa:20190923131601j:plain

f:id:kulipa:20190923131616j:plainf:id:kulipa:20190923131624j:plainf:id:kulipa:20190923131655j:plainf:id:kulipa:20190923131709j:plainf:id:kulipa:20190923131721j:plain

私の誕生月ということもあって、さらなるデザートをプレゼントしていただきました。

f:id:kulipa:20190923131811j:plain

ありがとうございます!!

いかがですか?

いつも「写真が下手だね~」と言われている私なので、写真には全然自信ありませんが、美味しそうな料理が伝わるとよいのですが。

どれもこれも美味しかったです。

野菜苦手の娘でさえ、茄子食べてましたから!

トマトもすっごく美味しかったのですが、ムースの下から、生のトマトがいっぱいでてきて、そちらは娘からもらって食べましたけどね(笑)。トマトたっぷりのムースは娘も食べてましたよ。

神戸の方に、この報告をしたら、また行きたくなって早速予約したとのこと!

私もまた行きたいです。教えてくださってありがとうございました。

f:id:kulipa:20190923132313j:plain

お値段もよいので、そうそう行けるレストランではないかもですが、特別な日にまた出かけたいですね。

f:id:kulipa:20190923132325j:plain

夏旅⑭ オランダ ヒートホールン 童話の世界みたいな素敵な所でした(その3観光編)

f:id:kulipa:20190820204450j:plain

ヒートホールン最終回。

メインの観光編です。

ホテル到着はお昼頃で、まだチェックインできなかったので、荷物を預けて、さっそく観光することにしました。

フロントのおじさんから(もしかオーナー?)、「今日はゆっくり写真を撮りながら散歩したり、ボートに乗ったりして、明日はサイクリングをしたら?」ってアドバイスをいただきました。

★美しい景色

フロントでもらった地図

f:id:kulipa:20190820204607j:plain

この日はいいお天気で、とっても暑かったけど、素敵な景色に癒されて、たくさん歩きました。

歩いているだけで幸せな気分❤❤❤

f:id:kulipa:20190820204819j:plain

f:id:kulipa:20190820204940j:plain

f:id:kulipa:20190820205033j:plain

f:id:kulipa:20190820205136j:plain

f:id:kulipa:20190820205238j:plain

f:id:kulipa:20190820210013j:plain

f:id:kulipa:20190820205900j:plain

★サイクリング

翌日は、自転車を借りてサイクリング。

自転車だとすいすい遠くまで行けますね。

ブレーキは、ペダルを逆に回します。すぐ慣れるよ。

f:id:kulipa:20190820205521j:plain

跳ね橋

船が通るときは橋が上がりま~す。信号待ちも楽しい★

f:id:kulipa:20190820205541j:plainf:id:kulipa:20190820205614j:plainf:id:kulipa:20190820205636j:plainf:id:kulipa:20190820205701j:plain

★オランダ大好き

今回はたったの1泊のオランダ旅行でしたが、ヒートホールンに泊まってよかったです。

アムステルダムから日帰りという方も多いようです。

私は都会よりも、のどかな景色の中でのんびりするのが好き。ヒートホールンに泊まったから、夜散歩も朝散歩もできました。

f:id:kulipa:20190822212036j:plain f:id:kulipa:20190822212129j:plainf:id:kulipa:20190822212214j:plainf:id:kulipa:20190822212348j:plain

f:id:kulipa:20190822213829j:plain

f:id:kulipa:20190822212508j:plainf:id:kulipa:20190822212649j:plainf:id:kulipa:20190822212718j:plain

日本ではアジサイというと6月のイメージですが、ヒートホールンでは8月初めでも咲いていました。

f:id:kulipa:20190822214104j:plain

茅葺屋根の葺き替えをしているお家がありました。

日本から遠く離れた国でも茅葺屋根のお家があるなんて。日本独特のものではないんですね。あ~知らないことがいっぱいだ。

茅葺屋根にレンガの家。素敵。どの家もお庭がきれい。

f:id:kulipa:20190822214515j:plain

私は子ども時代からオランダに興味があって、初めての一人旅はオランダでした。

もう30年以上前ですが、そのときはエダムのB&B(というよりは普通のお家、子どもが独立後に空いた部屋を貸している)に4泊し、アムステルダムや、アルクマール、マルケン島、ザーンセスカーンスなどを観光しました。

2回目は2年前のSFC修行の時。チューリップの時期に、キューケンホフ公園に歩いて行ける場所にあるB&Bに1泊しました。

オランダって地図で見ると小さいけど、本当に本当に魅力的な所がいっぱい。

またオランダに行ける日を夢見ています。

今は妄想でも、いつか現実になるよ。

これまで3回のオランダ旅行もそうだったから。

夏旅⑬ オランダ ヒートホールン 童話の世界みたいな素敵な所でした(その2 宿と食事編)

f:id:kulipa:20190820204940j:plain

★泊まった宿

宿泊したのは、Hotel de Harmonie

www.harmonie-giethoorn.nl

f:id:kulipa:20190820211142j:plain

「ヒートホールンへ寄り道しよう!」という計画になったのは、旅行の直前でした。

(特典航空券をKLMからエールフランスへ変更し、出発日も早くすることがでたため⤵)

www.kulipa3.com

そんなわけで、泊まってみたい!と思った宿は既に満室だったのですが、私が泊まったホテルもとても居心地よかったです。

バス停の真ん前ですし。

フロントの方もとっても親切。

聞くところによると、やはり中国の方が多いって言ってました。

日本人は、オランダ在住の方は来るけど、日本から来たっていう人は珍しいよ~だって。

「たった1泊しかしないの?ほんとに?どうして?とってもいいところだよ。」って言ってました(←たぶん)。

f:id:kulipa:20190820214733j:plain

f:id:kulipa:20190820213437j:plain

★昼ごはん

まずは、到着日の昼ご飯。

前日は夜ごはん2回、この日は朝ごはん3回食べて(時差やら機内食やらで)、

www.kulipa3.com

www.kulipa3.com

www.kulipa3.com

お腹パンパンだったので、お昼は抜こうかな、いや、3時にアップルケーキにアイスクリームつけて食べようと考えていました。

しかし、13時過ぎに、暑いわ、足は疲れるわ、で、「こりゃ、休憩必要だ~」。

早く座りたくって、いきあたりばったりで入った店。

www.dekruumte.com

昔、オランダで食べたHerring (ニシン)が美味しかったので、また食べたいなあと思っていたのですが、メニューにはなさそう。

「地元の人の人気メニューはどれですか?」なんて聞いてしまったら、

クロケットがオススメですよ♪」とのこと。

う~ん、クロケットかあ、、、

聞かなきゃよかったかあ、、、と一瞬思ったけど、まいっか、「それお願いします。」

f:id:kulipa:20190820215917j:plain

食後のコーヒーもいただいて、

f:id:kulipa:20190820215927j:plain

足の疲れはあまり癒えないけど、きっと景色が癒してくれる。さ、出発。

★夜ごはん

夜ごはんはどこで食べるか迷いました。

宿の目の前のレストランがとても賑わっていて人気ありそうだったし、宿のレストランも気になっていたからです。

ホテルフロントの親切なおじさんが、夜はレストランのウエイターさんをしていたので、宿のレストランを利用することにしました。

f:id:kulipa:20190821212251j:plain

喉渇いてるわ、ビール美味しいわ、で、ぐいっと飲んで、すぐにいい気分。

f:id:kulipa:20190821213150j:plain

お通しみたいなもの?↑

ここはオランダだし、1人で来ているっていうのに、がっつりとコースメニューをオーダーしてしまいました。

食事を待っている間に飲みながら、

フロント兼ウエイターの(もしかしてホテルとレストランのオーナーなのかなあ)おじさんに、今日見た鳥の名前を聞いてみる。

「この鳥の名前なんて言うんですか?」「オランダ語ならわかるけど、英語でなんて言うか知らないな~」「そんな時こそ翻訳機能だね~」

f:id:kulipa:20190821212650j:plain

カオジロガン(学名:Branta leucopsis)」と無事判明しました。

私「和名は、顔の白いガンて言うんですって」。おじさん「それはぴったりの名前だね~」←たぶん

f:id:kulipa:20190821213344j:plain

↑前菜はローストビーフにしました。なんとこのボリューム!!!美味しかったので全部食べましたが、もうこの時点でお腹がいっぱいになってきてしまいました。

f:id:kulipa:20190821213501j:plain

↑メインはサーモンにしました。美味しいけどお腹いっぱい~

コースをオーダーしてしまったので、デザートもついています。どれにするか食後に聞きにきたので、一番軽そうに思えるものをオーダーしてみました。

f:id:kulipa:20190821213703j:plain

あら、意外とペロリと。よく言われるように、「デザートは別腹」。

コーヒーはセットに入っていませんでしたが、やはり食後にコーヒーはいただきたい。

f:id:kulipa:20190821213845j:plain

お腹パンパンでしたが、この時期21:30頃まで日が長かったので、食後の散歩に出かけました。

★朝ごはん

朝食はホテル料金に含まれていました。

一般的な感じの朝食でしたよん。

f:id:kulipa:20190820213615j:plainf:id:kulipa:20190820213630j:plainf:id:kulipa:20190820213657j:plainf:id:kulipa:20190820213753j:plainf:id:kulipa:20190820213800j:plainf:id:kulipa:20190820213810j:plain

たったの1泊でこの地を離れてしまうのは寂しかったです。

ヒートホールンという場所はとても素敵でした。

家庭的な宿の居心地が良くて、さらに印象がよくなりました♪

~次回はヒートホールンの観光について書こうと思います🌼~

夏旅⑫ オランダ ヒートホールン 童話の世界みたいな素敵な所でした(その1 アクセス編)

f:id:kulipa:20190818194615j:plain

私はオランダが大好きですが、この村のことは、最近まで知らなかったのです。

Twitterで偶然に知りました。素敵な景色の写真に釘付けになりました。「行ってみたい♡」

まさか、あの記事を見て3カ月後には行くことになるなんて。

moonbowさん、ヒートホールンのことをTwitterで紹介してくださって、ありがとうございます。

オランダ語では「Giethoorn

グーグル地図では、「ギートホールン」と出ていますのでご注意を

★目次

★行き方

検索してみましたが、レンタカーだと楽という記事が多かったです。

でも、公共交通機関でも全く問題ありませんでした。

私の場合は、スキポール空港から直接行きましたので、Steenwijk駅まで直通で行ける電車Intercityがありました。

アムステルダムから行く場合は一度乗り換えになります。

行き方を調べる時に役立ったのが、私の場合、グーグルマップです。

f:id:kulipa:20190818200746j:plain

本当は、お友達に「omio」というアプリが便利と聞いたので、これをダウンロードしたのです。でも、バス停を入力してもうまく検索できなくて。

綴りかなにかが違っていたのかもしれません(←綴り、間違ってなかったと思うんだけどもね(^-^;)

結局、omioは使わず、グーグルマップを利用しました。

オランダの公共交通機関に乗る際には、「OVチップカード」という日本でいうところのSuicaみたいなカードがあると便利と聞いていました。

しかし、今回は空港からヒートホールンへの単純往復だったので、使いませんでした。あちこち回る方には、オススメだそうですよ。

本当のことを言うと、駅の窓口で、OVチップカードの買い方を聞いてみたのですが、私の英語力が足りなくて通じず、結局、空港駅からSteenwijk駅までの往復切符を買ってしまったのでありました。

f:id:kulipa:20190818201815j:plain

切符は券売機でも買えますが、窓口がそれほど並んでいなかったこと、機械の操作にちょいと不安があったので、窓口で購入↑

f:id:kulipa:20190818202202j:plain

電車に乗る前には、バリデーションを。日本の改札でICカードをピッとするのと同じ要領です。

空港駅では、とてもしっかりしたスタッフさんが、たくさん来るお客さんを捌いていました。

「あなたどこ行くの?」「何番線に何時発ね」「アムステルダム行は、ホームのもっと中央寄りに行って待ってて」などと声をかけていました。知らない場所で、どの電車に乗っていいかわからない時、こういうスタッフさんがいるととても安心です。

f:id:kulipa:20190819204316j:plain

Leeuwarden駅行き電車が来たので乗ります。

f:id:kulipa:20190818203132j:plain

少し走ると、のどかな景色の連続。癒されます。

f:id:kulipa:20190818202716j:plainf:id:kulipa:20190818202727j:plain

1時間40分程でSteenwijk駅に到着。

バス停は駅の目の前です。

「ヒートホールン エクスプレス」という直行便もありますよ。

Steenwijk駅で降りたほとんどの乗客が、ヒートホールン行のバスに乗りました。

見てると、OVチップカード(日本のSuicaみたいなICカード)をぴっとしているお客さんが多いです。また、アムステルダムからの日帰りパックの切符をプリントアウトして見せている方も多い。

その場で切符を買うのは、ちょっと時間がかかって後ろの人に迷惑かな、と思ったのですが、なんとクレジットカードを機械にピッと当てるだけで、するするとレシートでてきました(タッチ決済)!便利!

一番前の席に座ったので、乗客が乗るときの様子を、ずっと見ていましたけど、クレジットカードの種類によっては、タッチ決済には対応できず、暗証番号を入力する方もいましたよ。

私は運転手さんに「ホテル デ ハーモニーまで」と言って切符を買ったので、「次は ホテル デ ハーモニーですよ」と運転手さんに声をかけてもらいました。

海外でバスに乗る時は、降りる場所がよくわからないので、いつも運転手さんの席にいるように乗っています。

たくさん乗っている観光客の中で、私が一番初めにバスを降りました。しかも、私一人が降りたので、ちょっと不安になりました。みんなヒートホールンまで行く観光客みたいだからです(中国の方と中近東の方が多めでした)。

帰りのバスの時刻表、撮っておこう。

f:id:kulipa:20190819202231j:plainf:id:kulipa:20190819202255j:plain

ホテルの名前がバス停の名前だけあって、ほんとに目の前にホテルがありました。

f:id:kulipa:20190819202435j:plain

お、ホテルの目の前のレストランも賑わってるよ。

f:id:kulipa:20190819202510j:plain

今日の夕食はどっちでいただこうかな(ウキウキ)

★帰り方

ヒートホールンの観光については、別の日に書くとして、今日は、私がどんな風に行って帰ってきたかを報告しますね。

まずは、降りたバスの停留所かでバスを待ちます。

行きは時刻表通りだったのですが、帰りは、あれれ~、なかなか来ないよ。

待っている間に、上の方から木の実が落ちてきて、バッグが紫色に染まって焦りました💦(んで、ミュンヘン空港でバッグお買い上げ。エミレーツFに乗るのにちょっと恥ずかしいから)

www.kulipa3.com

ようやくバスが来ました。

乗りたい電車まで余裕に余裕のある時間なので、焦ることなく、乗っていました。

Steenwijk駅到着。駅の周りは、こんな感じ。

f:id:kulipa:20190819203325j:plainf:id:kulipa:20190819203357j:plain

早くついたので、駅の周りをウロウロしてみたけど、ここの駅はスタッフさんはいないんですって。

f:id:kulipa:20190819203655j:plain

自動改札。

f:id:kulipa:20190819203754j:plain

f:id:kulipa:20190819203820j:plainf:id:kulipa:20190819204003j:plainf:id:kulipa:20190819204026j:plain

帰りの電車も、スキポール空港直通の電車に乗りました。

楽しかった1泊2日のオランダ(ヒートホールン)の思い出を胸に

(ヒートホールン編、次回に続きま~す)

夏旅⑪ エミレーツ ファーストクラス搭乗記(ドバイ→成田 EK318便)

f:id:kulipa:20190818125955j:plain

ドバイから成田行きのA380に乗りました。

ミュンヘン→ドバイで新型ファーストに乗るつもりが乗れなかった話はこちら↓

www.kulipa3.com

★目次

★座席~離陸まで

ミュンヘンからドバイまでのボーイング777-300は、ファーストクラス8席でしたが、 エアバスは14席あります。

この日は、私含めて3名でした。

f:id:kulipa:20190818130621j:plain

ボーイングの場合は1Aにしましたが、エアバスの1AはSeat Guruで調べると黄色(あまりおすすめできない席)のマークがついていたので、2Aの席を予約しました。

他の2名様は、3Aと3Eに座っていらっしゃいました。

午前2時40分の出発です。

日本と5時間の時差がありますが、いずれにせよ寝る時間ですよね。

ドバイのラウンジで、歯磨きもしたので、「機内ではお水飲んでシャワーして寝よう」と決めていたのですが

機内でとても親切なCAさんに、シャンパンをすすめられて、「歯はまた磨けばよいですし~」と素敵な笑顔で言われたらメロメロ(←何目線?)

シャンパンだけはいただくことにしました。ドンペリですし(←庶民)

そうしたら、また別のCAさんが、デーツとアラビックコーヒーを❤

「デーツ大好きだから、食べちゃおっかな」なんて言ってたら、またも全種類(プレーン、アーモンド、オレンジピールの3種類)いただいてしまいました。

f:id:kulipa:20190818142809j:plain

★メニュー

深夜2時40分。しかも、ラウンジで22時過ぎに食事をいただいて満腹。

なので、残念ですが、機内で夕食は食べないことにしました。

どんなメニューがあるか見てみましょう。

f:id:kulipa:20190818133120j:plain

f:id:kulipa:20190818133551j:plain

f:id:kulipa:20190818133255j:plain

f:id:kulipa:20190818133306j:plain f:id:kulipa:20190818133348j:plainf:id:kulipa:20190818133401j:plain

和食が気になります。今回は食べられなかったけど、いつか食べてみたいですね。

★アメニティとパジャマ

離陸前に、パジャマとアメニティの入ったバッグをいただきました。アメニティは男性用と女性用があるようです。

f:id:kulipa:20190818134331j:plain

アメニティはブルガリです☆

f:id:kulipa:20190818134446j:plainf:id:kulipa:20190818134508j:plain

★天空シャワー

離陸前にCAさんから食事とシャワーについて聞かれました。

水平飛行に入ったら、シャワーをして寝て、離陸1時間30分前に朝食をいただくことにしました。

やっぱり、空の上でのシャワーを体験してみたい。

f:id:kulipa:20190818134840j:plainf:id:kulipa:20190818134854j:plain f:id:kulipa:20190818134909j:plainf:id:kulipa:20190818134924j:plain

「他にシャワーをする方がいないので、ゆっくり使ってよいですが、お湯は5分間しか出ないから気をつけてくださいね」とのこと。

びっくりしたのは、機内にバスルーム清掃専門スタッフがいらっしゃったことです。

誰かがお手洗いを使用する度に、きれいにしてくださっていました。すごいです。

私がくしゃみをしていたら、ティッシュをくださいました。

f:id:kulipa:20190818135512j:plain

★朝食

フルフラットですから、寝心地とってもよいです。

深夜便は、食事を楽しむことができないのが難点ですが(←搭乗前の食事を調整すれば、食事ももっと楽しめると思います)、ゆっくり休めるのは利点ですよね。

私はどこでもぐっすり寝られるタイプではなく、寝られないタイプなので、熟睡してスッキリなんてわけにはいかないのですが。

いずれにしても、朝?日本時間では昼になりましたので、朝食をいただくことにしました。

メニューを見ながら迷っておりまして、

CAさんとも相談した結果、とりあえず、「朝シャン&キャビア」をいただくことにしました。

f:id:kulipa:20190818140445j:plain

は~、幸せ❤

f:id:kulipa:20190818140738j:plain

このフルーツがフレッシュでとても美味しかった!

そして、ヨーグルトの美味しさは感動もの❤❤

ルバーブ、ストロベリー、ナチュラルの3種類から選べたのですが、ルバーブとナチュラルで迷っていたら、どちらもいただいてしまいました。美味しいのでペロリです。

アイルランドのヨーグルトのようですが、また食べたい!!

f:id:kulipa:20190818141113j:plain

何も言わなくても、ドンペリのお代わりも。

f:id:kulipa:20190818140659j:plain

オムレツも来ました。

このあたりで飛行機はいよいよ成田空港に向けて降下。

食後にカプチーノ(←エミレーツのマークが入っているらしい)を飲めなかったのは残念ですが、それだけあっという間に成田に着いてしまったということですね。

★ありがとう

f:id:kulipa:20190818141454j:plain

エミレーツのファーストが素晴らしいことは聞いていましたが、CAさんのおもてなしがここまで素晴らしいと思っていませんでした。

おもてなしは日系が最高と思っていたのですが、今回感動することばかりで、いつかまたエミレーツに乗りたいと夢見るばかりです。

エミレーツのCAさま、ありがとうございました。

また、Twitterやブログで、「エミレーツのファーストにJALマイルで乗れること。2018年11月から必要マイル数が改悪になること」を教えていただきありがとうございました。

www.sekai100isan.com

トートさんのブログは、何度も読み返しました。ありがとうございます。

私の場合はJALマイルをかきあつめてやっと10万マイルだったので、片道発券でしたが、いつか往復エミレーツのFで飛ぶことを夢見ています。

そして、私の好きな人みんなに体験させてあげたいなあと思います。

私がエミレーツのFに乗るなんて、夢のまた夢だったのに、実現できたのは、いろいろな方に応援してもらったからです。

私の1年前にエミレーツのFにご夫婦で搭乗したtokutomoさん、10万マイルが貯まるまで一緒に心配してくれてありがとう。10万マイルにやっと到達したことが確認できた時、特典航空券予約よりも先に、最初にしたことは、tokutomoさんへの報告でした。今から10カ月くらい前のことですが、あの時の興奮は今も覚えています。

そして、旅に送り出してくれる家族に感謝。

いつもありがとう。

夏旅⑩ ドバイ空港 エミレーツファーストクラスラウンジ ~タイムレススパ135分体験とレストランを中心に

f:id:kulipa:20190817225316j:plain

ドバイでの乗り継ぎ時間は約8時間。

普通なら、8時間もある~、となるところでしょうが、

エミレーツのラウンジをたくさん楽しめる☆ウキウキしていたのでありました。

★目次

★タイムレススパ

直前のフライトで、食べ過ぎましたし、いい気分に酔ってましたので、ここは休憩が必要。

www.kulipa3.com

まずは、スパに行ってみることにしました。

ファーストクラス乗客は、15分間の無料マッサージが受けられます。

場所は、ファーストクラスラウンジの前。入口は別です。つまり、スパは、ファーストクラス搭乗者以外でも有料で利用が可能です。

f:id:kulipa:20190817225631j:plainf:id:kulipa:20190817225643j:plain

15分の無料マッサージを受けられるのはとてもうれしい!

のですが、普段から腰痛持ちでマッサージを頻繁に受けており、60分コースを予約していると「かなりお疲れですから、次は90分コースを予約してくださいね~」なんて言われてしまう私。

8時間もたっぷり時間あるし、追加料金で延長できるか聞いてみました。

60分で6,000円位だといいな~なんて思っていたのですが、、、

ちょっと甘かった💦

f:id:kulipa:20190817230042j:plain

受付のスタッフさんにオススメされたのが、これ。

30分のスクラブまたはフェイシャルと、90分のマッサージがついて250USドル。

スタッフさんに、マッサージだけだとどんなプランがあるか聞いてみたけど、もっと高くなりそうでした。

「敏感肌だから、スクラブどうかな~、フェイシャルは肌にあわない化粧品も多いから不安だし~」、と言ってみた(つ・も・り)のですが、「ボディスクラブは、オーガニックの素晴らしい製品を使うから、敏感肌でも全然大丈夫。オススメです。」と(た・ぶ・ん)おっしゃるので、この際、やってみることにしました。

ミュンヘン→ドバイの機内で結構飲んでしまい、ちょっと(?)酔っていたので、判断能力があまりなかったかも、ですが。

f:id:kulipa:20190817230413j:plainf:id:kulipa:20190817230433j:plain

まず、全身のスクラブです。甘くていい香り。

何のスクラブか聞いてみたら、ココナッツバニラとのこと。

ひゃあ~、昔、ハワイに行くと受けていたボディスクラブを思い出しました。

全身、がっつりやっていただきました(笑)。

スクラブのあと、一度シャワーで流します。

あれ~、スクラブ剤を流すと、お肌しっとりつるつるになってるよ♡

ケア中に「フェイシャルのマッサージやパックも追加できますよ~」と提案いただきました。昔の私だったらお願いしたと思うのですが、最近、顔については、以前に増して敏感肌になっているので、今回はやめておきました。

そのあとは、90分+無料の15分マッサージ。

オイルマッサージでした。リンパの流れがよくなりそう~

極楽極楽。とは、まさにこの状態☆☆☆☆☆

ケアのあと、「オイルは気になるならシャワーで流してもいいけど、乾燥肌にはそのまま流さない方がオススメですよ」と言われたので、タオルでちょっと拭いてから流さずに洋服を着ました。

勢いで追加メニューもお願いしちゃって、奮発しちゃったなあと思ったけど、1週間に8フライトという強行軍だったので、ここでのケアは身体のためにもよかったんじゃないかな、と思っています。

★ラウンジは広い

f:id:kulipa:20190818110816j:plain

18:30頃にドバイ空港に到着し、すぐにタイムレススパを利用(18:50~21:30)。その後、免税店を見てラウンジへ。

とにかく、ラウンジは広い。

今日の冒頭写真もラウンジ内部なんですよ。びっくりですよね。ラウンジから、ゲートに直接に行くことができるので、ゲート番号の表示があるのです。私が乗る便は、A13ゲート。

ファーストラウンジのある4階から、エレベーターで2階へ。

隣のエレベーターで、ビジネスラウンジのある5階から乗ってきた方と2階で合流。

それにしても、 他の方もブログで書いていらっしゃいましたが、広い広いファーストラウンジなのですが、利用している人が少ないんです。

時間帯によるのでしょうか。

f:id:kulipa:20190818110741j:plain

★レストラン

f:id:kulipa:20190818113033j:plain

ドバイ空港到着直後は、お腹パンパン&酒気帯びでしたが、スパに行っている間に、少し胃にスペースができたかな。

22時ごろレストランに行ってみました。広いレストランなのに利用者がいません。スタッフさんはたくさんいらっしゃいますが。

f:id:kulipa:20190818112926j:plain

レストランでは、ビュッフェ形式でも料理を楽しめますし、オーダーもできます。

ここのスタッフさんたちが、皆さんとても感じがよくて、とてもお世話になりました。

席を案内してくださり、すぐにシャンパン(モエシャンドン)とメニューが。

f:id:kulipa:20190818113345j:plain

そして、オーダー前に、お通しとパンがやってきてしまいました。イズニーのバターが二つも❤

f:id:kulipa:20190818113506j:plain

では、何を頼みましょうか。

f:id:kulipa:20190818113625j:plain

tokutomoさんは、確かフォアグラが絶品だったと言ってたな、と急に思い出しました。この前菜のフォアグラテリーヌとことかな?、とオーダーしてみました。

f:id:kulipa:20190818113808j:plain

頼んでいないのに、パンがまた!追加されとるっ。頼まなくてもシャンパン(モエシャンドン)減るとすぐについでくれちゃう💦

f:id:kulipa:20190818120732j:plain

年のせいだと思いますが、最近とてもお酒が弱くなっているので、ここで飲みすぎるとと機内でドンペリが飲めなくなっちゃう(←庶民感情)。

しかし、スタッフさんのサービスやゆったりした空間に、、、つい解放感にひたってしまいました。

ここで飲んでて飛行機行っちゃったらどうしよう(←まだまだ大丈夫)。

f:id:kulipa:20190818114731j:plain

スープは時期により変わるみたいです。この日私がオーダーしたのは、「ホワイト オニオン ヴルーテ」

私の大好物の「ポルチーニ茸」が入っていると書いてあったので、迷わずオーダーしたのですが、とても美味しかったです☆

しかし、ここでもうお腹いっぱいじゃあ。

ステーキオーダーしているのにどうしよう。ステーキはお時間かかりますって言われてたから、お腹すかせなきゃ(←無理)。

f:id:kulipa:20190818115641j:plain

来た!付け合わせの野菜とともにステーキが!

ほんというと、ガーリックプラウンもめちゃくちゃ気になっていたのですが、オーダーしなくてよかった。もうほんとにお腹いっぱい。

「マダム、デザートは何になさいますか」と言われても

「お腹がいっぱいです」という無念(笑)。

今日は何杯もコーヒーいただきましたし、夜も遅いですから、カモミールティーをいただいて、ごちそう様しました。

★クワイエットラウンジ

本来なら、ここでシャワーというところですが、スパでシャワーをしたばかりですし、機内で天空シャワーもする予定なので、仮眠することにしました。

f:id:kulipa:20190818120341j:plain

2名の方が寝ていらっしゃいましたが、結構な鼾。「クワイエットラウンジですよ」と突っ込みいれたくなるような。

ラウンジ内にはやや明るい場所と、写真のように暗くて本格的に仮眠したい方向けの場所がありました。

タオルケットも用意されていますし、本格的に眠れちゃいそうです。

寝過ごしたら大変です。

ここで充電しながら、ゆっくりしていたら、搭乗の時間になりました。

8時間の乗り継ぎでも、待ち長くない、素晴らしいラウンジでした。

このラウンジに入りたいがために、片道分しか貯まっていなかったJALマイルでのエミレーツ発券を復路にしたんです(←燃油サーチャージは痛かったですけど)。

日本出国後に、理系マイラーさんがラウンジのことをブログにアップされていて、期待が高まりましたし、とても参考になりました。

rikei-miler.com

理系マイラーさん、ありがとうございます。